「最終回」

「最終回」

「最終回」 漫画史上最高の最終回と言えば、高野文子先生の「るきさん」でしょうか。 それともやはりここは杉浦日向子先生の「百日紅」でしょうか。 手塚先生の「火の鳥」はどれが最終回なのだ?と言う話がありますが、あれはやはり掲 …

仰げば尊し、◯◯の恩

仰げば尊し、◯◯の恩

「仰げば尊し、◯◯の恩」 我が家の胃袋と暮らしの文化を14年間支えてくれた、伊勢丹のアテンダントさんが今月いっぱいで退職される。 これまでのお礼と、最後のお買い物のお手伝いをいただくために一家で伺った。 この方に最初に出 …

わたしのそばのロイヤルワラント

わたしのそばのロイヤルワラント

わたしのそばのロイヤルワラント ロイヤルワラント。 英国王室御用達。 眩しさを感じさせるその言葉は、ファッションの世界で生きる僕に一種の憧れを抱かせます。 英国王室御用達の称号を与えられているブランドの多くは、各々のネー …

エアリバデルチ今昔物語

エアリバデルチ今昔物語

エアリバデルチ今昔物語 今は昔。 ナイキにエアリバデルチなるカルトスニーカーがあったげな。 1992年にナイキのAll Conditions Gear、略して「ACG」っちゅう注射みたいな名前のカテゴリーからリリースされ …

ひねもすの開運小槌とケンコバ

ひねもすの開運小槌とケンコバ

ひねもすの開運小槌とケンコバ こんにちは、なかがみです。 年の瀬が迫り、みなさんお忙しくしていると思います。 僕の年の瀬は、あまり普段と変わらない日々なのですが、我が家ではどうしてもこれをお願いしなければ年が暮れないとい …

(××)

(××)

(××) 美意識は人の原動力みたいなものだと思いますが、 「アートって難しいよね」 「アートって一部のお金持ちのためだけのものでしょう?」 って言う声はいまだ根強いですね。 そんな風潮を笑い飛ばすかの如きポップアートが出 …

昭和の残像

昭和の残像

昭和の残像 昭和で思うのはデザインのぬくもり。 手仕事感のあるデザインが多くありました。 なんですかね、こう言うの見るとホッとしちゃうの。 デジタルで構成されている物も大好きなんですけど、絶妙なノスタルジーには心が吸い寄 …

はたらくくるま

はたらくくるま

はたらくくるま 重機や建設機械が好きで。 これはここ十数年のことなんですけれども。 親子によくある話で、子供が先にハマったんです。 なんかキッカケはあったんでしょうね、建設現場を見かけると足が止まってしまう。 しょうがね …

小ネタあれこれ

小ネタあれこれ

小ネタあれこれ このガラクタヘイブンの原稿を書き始めるときに、いくつか紹介したいなあと思うものがあったのですが、 なかなか順番が回って来そうもない連中が多く、、。 陽の目を見ないのもかわいそうなので今回はまとめてご紹介す …

コルテッツとヴェイパーマックス

コルテッツとヴェイパーマックス

コルテッツとヴェイパーマックス ナイキの話です。 ナイキコルテッツは1970年代からずっとナイキを支えているランニングシューズ。 昔からご存知の方も多いと思います。フォレスト・ガンプで知った方も多いと思います。 1972 …

ブリロ・ボックス

ブリロ・ボックス

ブリロ・ボックス 世の中に溢れかえる様々な面白い「モノ」の中でも、ちょっとハズシた面白そうなところを細々とご紹介してまいりますが、初回のコム・デ・ギャルソンのボックスオブジェの話で、掲載後に少々反響をいただいたことがあっ …

ハコモノオブジェ

ハコモノオブジェ

~ハコモノオブジェ~ はじめまして、なかがみと言います。 明治通りのお店で店長を務めています。 原宿や渋谷は、80年代から遊びと買い物で通い続けた土地です。 現在もこの街は実に刺激的で、年齢を重ねてさらに独特の面白さを見 …